八幡西区千代ケ崎にお住いのお客様から「キッチンに設置してある湯沸かし器のコックが固すぎて動かない…」とお電話をいただきました。

当社スタッフがお伺いして調査したところ、湯沸かし器に水を送り込んでいる分岐水栓のコックが固着してしまい動かなくなっていることがわかり、同時に分岐水栓と湯沸かし器をつなぐフレキ管も非常に古くなっていることも判明。お客様同意のもと、分岐水栓とフレキ管の交換をさせていただきました。

湯沸かし器分岐水栓交換

交換前の写真です。分岐水栓のコックが上にあり、感覚も狭いので力が入りづらいのもあり回すことも難しそうです。

 

湯沸かし器分岐水栓交換

交換後の写真です。コックの向きを横にし、回しやすいように取り付けました。また、古くなっていたフレキ管も一緒に新しいものにしています。

使用前後でよく扱う部分なので、動かなくなったりしたときには大変ですね。フレキ管も劣化が進むとわずかな傷から水漏れを起こしたりします。水回りのトラブルは前兆なく訪れることが多く存在します。

そんな時はいいくらしサービスまでお電話ください!

作業内容
現場住所
作業時間
料  金